忍者ブログ

ダイエット情報

ダイエット情報を掲載しています。ダイエット情報を得るために利用しましょう。正しいダイエット情報を得ることがダイエット成功の近道です。当サイトでは実践し成果のあったダイエット情報に関して掲載しています。ダイエット実践の際には当サイトのダイエット情報を参考にして下さい。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

肝臓の病気の中でもいちばん怖い肝臓がん

人体図を見れば肝臓がどこにあるか答えられる人は多いでしょう。
肝臓は身体の中で一番大きな臓器で肝臓の中にはなんと3000億個の肝細胞があり500以上の働きがあると言われています。
その中でも主な働きは3つに分けられます。

まずは代謝です。私達は食事をすると胃で消化され腸で吸収され肝臓に運ばれます。
そしてそれを貯蔵し、必要な時に必要な場所に変換し合成するのです。

2つ目の働きは解毒です。これは体内に入ってきたアルコールや薬、食品添加物などの有害な化学物質や体内で作られたアンモニアを分解して毒がない状態にし体外に排出する働きがあります。

3つ目の働きは胆汁の生成です。胆汁は脂肪の分解や脂溶性ビタミンの消化や吸収を助ける働きをします。
こうした肝臓の機能が席上に働いて、肝臓がんなどの病気を防ぐことができるのです。
そして肝臓は再生する能力があるので肝細胞が死んでしまっても他の肝細胞がカバーする事が出来るのです。
そのため肝細胞が半分以上死んでしまってもそれでも正常に動き続けるので自覚症状が出る時にはもう病気はかなり進行していると考えられとても危険な状態です。
なので肝機能検査を定期的に受けるようにしましょう。
PR

肝臓を治療するために内臓脂肪を減らす

メタボを解消するためには内臓脂肪を減らさなければなりません。

内臓脂肪が増え続けると、お腹はぽっこりしてきます。
さらに糖尿病などの病気になる可能性も高まります。

まず食生活を見直してください。
から揚げや焼肉など脂っこい食品ばかりを食べていませんか?
そんな食生活を続けていたらメタボになるのは時間の問題ですよ。

内蔵脂肪を増やさないように、野菜中心の食生活に切り替えてください。
飲み物もベジタブルジュースやオレンジジュースなどにすると良いでしょう。

特にオススメなのはトマトジュースです。
なぜならトマトには脂肪を燃焼させる効果があるのです。

あなたの外見のレベルを上げるためにダイエットは必要不可欠です。
食事を改善して内臓脂肪を減らしましょう。

旬の野菜は美味しいですよ。
オイシックスなどインターネットの野菜通販サイトを利用すると、新鮮な緑黄色野菜を安く入手できます。

ネットなどを駆使して野菜生活をスタートしてくださいね。
内臓脂肪を減らすことにより、生活習慣病を予防し、肝臓を治療することができます。

中性脂肪はマイクロダイエットで減らせる

ドリンクタイプで有名なダイエット食品「マイクロダイエット」ですが、その他のタイプも存在します。

スープタイプ、シリアルタイプ、リゾット&パスタタイプの3種類も非常に人気が高いのです。

特に冬の寒い時期はスープタイプが大活躍します。
気になるテイストはコーン、パンプキン、ポタージュ、カレーの4種類です。

とうもろこしの味が口の中でしっかり広がるコーンは定番ですよね。
やっぱり冬のスープの王様はコーンで間違いないでしょう。

さらに甘みのあるパンプキンも人気が高いです。

かつて北海道を中心にスープカレーが大流行しましたね。
もしかしたらマイクロダイエットの力によってスープカレーが再度ブームになるかもしれません。
それくらいコクがあって美味しいのです。

中性脂肪を減らしたい方はマイクロダイエットのスープタイプでダイエットしましょう。

正直なところ、レストランで食べるスープより美味しいです。
さらに低カロリーだからダイエット効果も絶大です。

放射性ヨード摂取率から甲状腺の機能を検査

甲状腺ホルモンは、ヨードを材料にしてつくられます。
放射性ヨード検査は、そのヨードを甲状腺がどのくらい摂取するかを見て、甲状腺機能(ホルモンを合成・分泌する機能)を調べる方法です。
検査は、放射性ヨードを飲んで行います。

使用するのはI131またはI123で、I123のほうが被曝量がすくなくなっています。

放射性ヨードを飲んだあと、外から、甲状腺に取り込まれた放射性を測定して、その摂取率を見ます。

この検査は、おもにバセドウ病と無痛性甲状腺炎とを判別するために行われます。
バセドウ病と無痛性甲状腺炎は、どちらも血中のホルモン濃度が高まり、似たような機能亢進の症状があらわれます。
ただしホルモンが過剰になるメカニズムは、全く異なります。

バセドウ病は、甲状腺ホルモンをつくりすぎて起こる病気です。
一方、無痛性甲状腺炎は、甲状腺の細胞が壊れ、甲状腺に蓄えられていたホルモンが血液中に漏れ出て、過剰になっている状態です。
この違いは、甲状腺ヨードを取り込む摂取率をはかると、甲状腺ホルモンをたくさんつくるため、ヨードも大量に取り込まれます。
一方、無痛性甲状腺炎では、下垂体からのTSH分泌が抑えられていて、ヨードもほとんど甲状腺に集まりません。

無症候性脳出血

自覚症状のない脳出血を、無症候性脳出血といいます。
多くは高血圧を放置することによって生じます。
大きな脳出血を起こさないために、血圧のコントロールを徹底させます。

脳ドックとは、現在は無症状であっても、脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などが気になる人が受ける「脳の健康診断」です。
1980年代の後半に始まり、年々、受信者が増えています。

過去に、脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など、脳神経外科疾患にかかったことがある人は脳ドックを受診することはできません。
また、過去の手術で、体内に金属製の金具、心臓ペースメーカーなどが入っている人は、MRI検査が受けられません。
妊娠中の人も、MRI検査は控えた方が安全です。

破裂していない動脈瘤のことを、未破裂動脈瘤といいます。
そのまま放置すると、将来、破裂して、くも膜下出血を起こす危険性があります。
MRA検査を行うと、直径3mm程度のごく小さな動脈瘤も発見することができます。

未破裂動脈瘤が発見された場合は、手術が推奨されることもあります。
ただし、未破裂動脈瘤があるからといって、必ず破裂するとは限りません。
治療にあたっては、医師から十分な説明を受け、納得したうえで判断するようにしましょう。

リウマチの物理療法

物理療法とは、温熱、水、氷、光線、超音波などの物理的な刺激を利用する療法です。
炎症をしずめて痛みをやわらげ、血液の循環をよくする効果があり、理学療法とも呼ばれています。

手術の前後に、機能の維持や回復のために行ったり、患者さんの運動機能の維持や改善、障害の予防などに、大切な役割を持つ療法です。

患者さんの生活動作(ADL)の状態を医師が判断し、その人に合った療法を、理学療法士(PT)や作業療法士(OT)などの指導・訓練のもとに行います。

物理療法には、患部を温める「温熱療法」と、冷やす「寒冷療法」とがあります。
ただし、「温めるか」「冷やすか」は、人によって様々ですので、医師の指示に従いましょう。
基本的には、炎症が激しく患部が熱を持ってはれているときは、氷や冷湿布で冷やした方がよく、炎症がしずまったあと、関節の変形などによる痛みを抑えるには、温めて血液の循環を促す、と考えましょう。

関節リウマチにとって、「温める」あるいは「冷やす」ことは、大切なリハビリ法の一つです。
中でも手軽にできる入浴は欠かせません。
ただし炎症がコントロールされていることが条件です。

脳梗塞は動脈硬化と深いかかわりがある

脳出血と脳梗塞を合わせたものを、「脳卒中」といいます。
以前は、低栄養と高血圧のために脳の血管が破れて起こる「脳出血」が主流でしたが、近年、栄養状態がよくなるにつれて、動脈硬化を起こしたところに血栓が詰まる「脳梗塞」が主流になっています。

脳梗塞には、脳の動脈にできた血栓が血管を塞いで起こる「脳血栓」と、脳以外の場所(心臓や頸動脈など)にできた血栓が流れてきて脳の血管に詰まる「脳塞栓」とがあります。
脳の粥状動脈硬化から進むアテローム(粥状)血栓性脳梗塞や心臓にできた血栓が詰まって起こる脳塞栓は、大きな梗塞を作りますから、危険です。

脳梗塞の発作を起こすと、たとえ一命を取り留めても、手足のまひや失語症、痴呆などの後遺症を残すことがあります。

発作が起こる前に、原因となる高脂血症や高血圧などをコントロールすることが大切です。

内臓脂肪が蓄積すると様々な病気が起こる

内臓脂肪が蓄積している人は、高血圧、高脂血症、糖尿病など、1人でいくつもの病気を抱えていることが多いものです。
これは、内臓脂肪が次のような作用をしているからではないか、と考えられています。

●内臓脂肪はインスリン抵抗性を高くする
内臓脂肪が分泌する物質の一つにTNF-αという物質があります。
このTNF-αがインスリンに作用して、いろいろな病気が起こるのではないか、と考えられています。

インスリンは、血液の中のブドウ糖(血糖)を細胞に取り込むために必要なホルモンです。
このホルモンの働きが悪いと、血糖値が上がってきます。
TNF-αは、インスリンの感受性を鈍くして、ふつうの量では血糖値を下げられないようにします。
これを「インスリン抵抗性」といいます。

●インスリンが効きにくくなると高インスリン血症になる
インスリン抵抗性が高くなると、血糖値を下げようとして、膵臓ではインスリンを大量に分泌するようになります。
そのために、血液中にインスリンがあふれ、「高インスリン血症」が起こります。

大量のインスリンは、血糖値を上昇させて糖尿病を起こしたり、腎臓の尿細管で塩分を再吸収させたり、また交感神経を刺激して血圧を上げるなどの悪さをします。

そのため、1人でいくつもの生活習慣病を抱えてしまうことになるのです。

コレステロールとリン脂質は細胞膜の重要な構成成分

コレステロールとリン脂質は、ともに細胞膜の重要な構成成分で、コレステロールは副腎ホルモンや性ホルモンなどの大切な材料となります。

コレステロールとリン脂質は、互いに密接な関係にあり、血清総コレステロールの量が増えるとリン脂質の量も増えます。
コレステロールに比べてリン脂質が極端に増えると、肝臓の機能に障害が起こることがあります。

コレステロールを測定する場合には、同時にリン脂質も測定しておいたほうがよいでしょう。

体の中にあるコレステロールは、外から取り入れるもの(外因子)と体の中で合成されるもの(内因子)に分けられます。

コレステロールの1日の必要量は、1.5~2グラムとされており、食事を通して体外から取り入れる量は、およそ0.3~0.5グラムで、体内で合成される量は1.5~2グラムとされています。

食事による外因子コレステロールの量が少なくなると、内因子コレステロールの量が少なくなり、常に一定の量が保たれるようになっています。

また、体内のコレステロールの量が多くなると、余分なコレステロールは肝臓から胆汁の中に排出されて、体外に捨てられます。

ただし、この調整機能も老化になると衰えてきます。
これが、加齢によるコレステロールの増加です。

自律神経失調症

現代日本社会は、生産原理が生命原理を抑圧している構造をしています。
自律神経でいえば、交感神経が副交感神経を一方的に抑え込んでいるのです。
交感神経過剰興奮社会はストレス社会です。

このように社会自体が自律神経のアンバランス状態ですから、その構成要素の人間に自律神経失調症が増えているのは当然です。
病気は文化状況を反映し発生し、その診断も文化に想定されています。
数少ない国産病である理由はここにあります。

現在、統計的事実として、登校拒否の増加、高校中退者の増加、新卒者の中途退社率の増加、出生率の低下、自律神経失調症の有病率の増加などがあります。
これらの共通の視点からみると、なんらかの形で、生産原理と生命原理の対立葛藤が関与しているのではないかと考えられます。

プロフィール

HN:
Risa
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1987/06/13
自己紹介:
risaの部屋のようこそ^^
アットランダムな掲載であります//
ごゆっくり、どうぞ^^

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

最新CM

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ダイエット情報 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]