忍者ブログ

ダイエット情報

ダイエット情報を掲載しています。ダイエット情報を得るために利用しましょう。正しいダイエット情報を得ることがダイエット成功の近道です。当サイトでは実践し成果のあったダイエット情報に関して掲載しています。ダイエット実践の際には当サイトのダイエット情報を参考にして下さい。

   
カテゴリー「ダイエット」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ダイエットの効果的な運動

ジャンププッシュアップ10回】

うつ伏せで、両手を肩幅に開き、両脚を揃えて
後ろに伸ばします。

頭から踵までを一本の棒のように保ちます。

肘を軽く曲げて反動をつけ、手で床を勢いよく
押して上体を空中に浮かせたら、
両手を床につきます。

高く浮かなくて大丈夫です。


タックジャンプ10回】

両足を肩幅に開いて立ち、膝を軽く曲げて、
斜め上を向きます。

両腕は体側に下ろします。

真上にジャンプしながら膝を高く引き上げ、
両手で一瞬抱えたら、膝を曲げて着地します。

テンポよく続けることです。

無理に高く跳ぼうとしないように
して下さい。

ダイエット方法
PR

ダイエット中でなくても外気温の高い季節は皮下脂肪が減りやすく効果的

現代人には嫌われてたものですが、皮下脂肪には3つの重要な
役目があります。

第1に飢餓に備えたエネルギーの備蓄タンク、第2に衝撃から
カラダを守るクッション材、そして第3に体温を守るインサレーション(断熱材)
としての役割です。

ことに大事なのは体温維持の働きです。

動物なら体毛を密集させて間に空気層を作り、
断熱材を2層にすることもできます。

「しかしヒトは、発汗で体温を下げるために邪魔な体毛を駆逐した
結果、断熱材として使えるのは皮下脂肪しかない」
(信州大学の熊勢博教授)からです。

消費と摂取のエネルギー収支がプラスに傾くと余ったカロリー
体脂肪として皮下脂肪内蔵脂肪に蓄えられます。

運動や節食でカロリー収支をマイナスにすると体脂肪の分解が
促されるが、最初に減りやすいのは内臓脂肪です。

なぜなら皮下脂肪には前述のような機能があり、
やすやすと減らせないのです。

しかし、暑い季節は断熱材としての働きが落ちるので、
寒い季節と比べて皮下脂肪は減らしやすくなります。

外気温が32度を超えると、逆に体温が上がりすぎないように、
皮下脂肪を薄くして体温を解放したほうが有利です。

夏こそ皮下脂肪を減らすチャンスです。

ちなみに熱帯に住む民族に手足が長くて痩せ型が多いのは
皮下脂肪が薄く、外気に触れる表面積を広げて体熱を発散させるためです。

反対に北方に住む民族が丸みを帯びて太めが多いのは、
皮下脂肪が厚く、表面積を狭くして放熱を防ぐためです。
 

プロフィール

HN:
Risa
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1987/06/13
自己紹介:
risaの部屋のようこそ^^
アットランダムな掲載であります//
ごゆっくり、どうぞ^^

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

最新CM

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ダイエット情報 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]