忍者ブログ

ダイエット情報

ダイエット情報を掲載しています。ダイエット情報を得るために利用しましょう。正しいダイエット情報を得ることがダイエット成功の近道です。当サイトでは実践し成果のあったダイエット情報に関して掲載しています。ダイエット実践の際には当サイトのダイエット情報を参考にして下さい。

   
カテゴリー「豆乳ダイエット」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

豆乳の栄養素とダイエット効果

豆乳のダイエットに効果がある栄養素には
どんな成分が含まれているのでしょうか。

大豆から豆乳が作られることはよく知られています。

大豆は畑のお肉と呼ばれるほど栄養が豊かで、
大豆タンパクや大豆イソフラボン、サボニン、レシチンの
四大成分だけでなく、カリウムやビタミンEなどを
含有しています。

中でも生理不順の改善や更年期障害、骨粗鬆症を
予防する効果があるといわれる大豆イソフラボンは、
大豆の栄養素を語る上で欠かせない存在といえるでしょう。

次に、ダイエットという目的に基づいた時、
各成分の役割について考えてみます。

豆乳は満腹感のある飲み物です。

これは、大豆イソフラボンが満腹中枢に作用するためです。

大豆ペプチドは基礎代謝を高めるので
運動をせずに脂肪を燃焼することができます。

脂質の合成・吸収の抑制作用、分解促進作用がある
大豆サポニンは、肥満の防止に効果のある成分で
あるといいます。

また、肝機能障害の改善にも効果があります。

そして、大豆に含まれる大豆たんぱく質は代謝を促進し、
血中のコレステロールや中性脂肪値を調整する
効果があります。

体内に入った余分な脂肪やコレステロールを、
大豆たんぱく質が吸収する性質があるのです。

大豆タンパクは、さらに体脂肪の蓄積を抑える働きもあります。

豆乳にはオリゴ糖も含まれますが、オリゴ糖は
腸内環境を改善し便秘解消効果もあります。

栄養豊富で体にいいとされる豆乳ですが、
栄養素を調べていくとダイエットにいい影響を
及ぼす成分ばかりといえるでしょう。

各種の栄養がバランスよく含まれている豆乳は、
ともすると栄養が不足気味になる
ダイエットは特に助けになってくれます。
PR

豆乳ダイエットの具体的な方法

豆乳ダイエットの具体的な方法はとても簡単です。

豆乳の食事の前に飲むだけなのです。

豆乳を飲んでダイエット効果を得るには、ご飯を食べる30分前が
一番いいでしょう。

事前に豆乳を飲んでおくことで満腹感を得て、
摂取カロリーを減らすことができます。

豆乳の栄養そのものにダイエットの効果があるので、
豆乳は必ず成分無調整のものを飲むようにしましょう。

食事制限をしたくない人や空腹に耐えられない人でも、
食事前に豆乳を飲むだけでダイエットができる
豆乳ダイエットならば気軽にチャレンジできるのでは
ないでしょうか。

豆乳を摂取する最も簡単な方法は、夏は冷たい豆乳、
冬は暖かい豆乳を飲むというものでしょう。

また、バナナと一緒にミキサーにかけ、
好みでレモン汁などを加えると美味しい
豆乳バナナになります。

トッピングを変えながら飲むと、毎日飽きずに続けることが
できるでしょう。

豆乳バナナにはすりゴマやきなこだけでなく、
ココアや健康ジュース、プロテインなどを
足す方法もあります。

また、ミキサーにかける時ににんじんやほうれん草などの
野菜を足すと野菜ジュースのような豆乳になります。

どうしても野菜の栄養素は少なくなりやすいので、
取れるときに取っておきたいものです。

毎日豆乳を飲んでいると気分転換が
欲しくなることがあります。

温めた豆乳にすりおろしたショウガ少々、
そこに紅茶を加えて飲みます。

目先が変わっていいのではないでしょうか。

代謝を上げることはダイエットで大事ですから、
ショウガはダイエットに適した食材といえます。

単にそのままの豆乳を飲み続けていては、
人によっては豆乳の味に飽きてしまうかもしれません。

豆乳を使った飲み物は様々なものがありますので、
インターネットなどで豆乳レシピを調べてみてはどうでしょうか。

豆乳の種類とダイエット効果

このところ、豆乳ダイエットが世間の関心を集めています。

いろいろな雑誌や通信販売で紹介されていますが、
どういう手順で行うダイエットなのでしょう。

まず豆乳とは、ゆで大豆をすりつぶして絞った汁のことで、
この豆乳ににがりを混ぜると固まって豆腐になります。

広く知られているように、豆乳はノーコレステロールで
たんぱく質を多く含む健康食材ですので、
ダイエットをする際に助けとなります。

現在販売されている豆乳には3パターンありますが、
そのうち無調整豆乳は糖分や着香料のない生のままの豆乳です。

調整豆乳は、豆乳に糖類や香料を加え、口当たりをよくしてあります。

豆乳に果汁やコーヒーなどの味がついているものが豆乳飲料で、
大豆成分は無調整豆乳の半分程度です。

豆乳ダイエットに使うなら、糖質の少ないものにした方がいいでしょう。

大豆が原料である豆乳には大豆たんぱく質が豊富に含まれていますが、
これは体内で大豆ベプチドになります。

腸に入った大豆ペプチドは腸管の神経に影響を与える働きがあります。

ダイエットに豆乳が効果的に働くのは、豆乳の摂取によって
交感神経の働きが高まり、代謝量がアップするからです。

豆乳には大豆サポニンという成分が含まれており、
余分な皮脂や糖質の吸収スピードを遅らせてくれるとともに、
すい臓から分泌される脂肪消化酵素に働きかけ
腸内で脂肪を抑制する効果もあるのです。

豆乳にはダイエットに効果的な様々な働きがありますので、
健康的なダイエットをするには豆乳を上手に利用する
豆乳ダイエットがおすすめだといえます。

プロフィール

HN:
Risa
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1987/06/13
自己紹介:
risaの部屋のようこそ^^
アットランダムな掲載であります//
ごゆっくり、どうぞ^^

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

最新CM

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ダイエット情報 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]