忍者ブログ

ダイエット情報

ダイエット情報を掲載しています。ダイエット情報を得るために利用しましょう。正しいダイエット情報を得ることがダイエット成功の近道です。当サイトでは実践し成果のあったダイエット情報に関して掲載しています。ダイエット実践の際には当サイトのダイエット情報を参考にして下さい。

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

放射性ヨード摂取率から甲状腺の機能を検査

甲状腺ホルモンは、ヨードを材料にしてつくられます。
放射性ヨード検査は、そのヨードを甲状腺がどのくらい摂取するかを見て、甲状腺機能(ホルモンを合成・分泌する機能)を調べる方法です。
検査は、放射性ヨードを飲んで行います。

使用するのはI131またはI123で、I123のほうが被曝量がすくなくなっています。

放射性ヨードを飲んだあと、外から、甲状腺に取り込まれた放射性を測定して、その摂取率を見ます。

この検査は、おもにバセドウ病と無痛性甲状腺炎とを判別するために行われます。
バセドウ病と無痛性甲状腺炎は、どちらも血中のホルモン濃度が高まり、似たような機能亢進の症状があらわれます。
ただしホルモンが過剰になるメカニズムは、全く異なります。

バセドウ病は、甲状腺ホルモンをつくりすぎて起こる病気です。
一方、無痛性甲状腺炎は、甲状腺の細胞が壊れ、甲状腺に蓄えられていたホルモンが血液中に漏れ出て、過剰になっている状態です。
この違いは、甲状腺ヨードを取り込む摂取率をはかると、甲状腺ホルモンをたくさんつくるため、ヨードも大量に取り込まれます。
一方、無痛性甲状腺炎では、下垂体からのTSH分泌が抑えられていて、ヨードもほとんど甲状腺に集まりません。
PR

プロフィール

HN:
Risa
年齢:
32
性別:
女性
誕生日:
1987/06/13
自己紹介:
risaの部屋のようこそ^^
アットランダムな掲載であります//
ごゆっくり、どうぞ^^

スポンサードリンク

スポンサードリンク

カレンダー

11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ブログ内検索

最新CM

カウンター

アクセス解析

Copyright ©  -- ダイエット情報 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Photo by Geralt / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]